漫画、前科者2巻:まんが王国

漫画の刃漫画の刃

漫画、前科者の2巻では、女性の前科者でイメージ通りのタイプの人間が出てきます。

厄介で扱いが大変そうだけど、どこか心の中で闇を抱えてる女性です。

前科者2巻のネタバレ

前科者2巻に登場する前科者は女性です。

働いてる店での暴行容疑で逮捕され刑務所に入った女性なんですが、ある意味、イメージ通りの前科者です。

保護司という仕事をしていたら、どちらかと言うと、今回の2巻で出てきそうな前科者の保護監視を行う方が多いような気がします。

マイペースというか自由奔放というか、あまり一般社会には馴染めなさそうなヤンキー上がりの渋谷ギャル系の女性。

そんな彼女が、前科者2巻で「刑務所に行く人」について質問された時に、こんなことを言っていっていました。

完全なワルが1割。ズルいクズが5割。哀しい、みじめなのが3割、あと1割が普通かな

引用元:前科者2巻より

結構リアルな数字なんですかね、思っていたよりもズル賢いタイプが多いのがびっくりしました。いわゆる詐欺師とか、そんなタイプなんでしょうか。

裏の顔を持つ高校生

さて、そんな厄介そうな今回の前科者ですが、海辺である超お金の持ちの高校生の女の子と出会います。ちょっと不思議な展開なんですが、ここは漫画ですから。

その高校生が、裏の顔を持つ前科者以上に怖い女性で、なぜか保護司の阿川佳代が前科者と同様に振り回されることに。

とにかく、この子も腹黒い感じがすごいんです。表の顔と裏の顔のギャップがありすぎて怖いぐらい。

まさに、さっき前科者が言っていた言葉の中にいる「ズルいクズ」感が漂います。

 

ただ、この二人を見てると、ある共通があるんです。それが、親の問題です。

悪いから問題をおこすんじゃなくて、問題が先にあるから悪いことをしてしまう。

引用元:前科者2巻より

こんな事を言ってるシーンがあるのですが、妙に納得してしまいました。

なるほどな〜って。

両親は違えど、この二人には親という問題を抱えている。一人は前科者で、もう一人は善良な一般市民に見えるけど、中身は一緒。

むしろ、この高校生の方が犯罪に手を染めた時に、もっと重い犯罪を起こしそうな気がします。

こういう子って多いんだろうな〜

ただ、こういう子も根が悪いわけじゃなく、

  • 親の問題、
  • 親からの愛情不足で

悪い事を引き起こす可能性があるわけです。

そう考えると、やっぱり親の存在って大きいし、この親世代が抱える問題を社会全体で一人一人がサポートしてあげるシステムも大事な気がします。

前科者、普通の人だって色々ある

今回の前科者2巻を読むと、なんか前科がある人も前科がない人も、ほとんど変わらないような気もしました。みんな色々と抱えてる問題がある。

その問題の解決方法を少し間違えた人が一部、前科者の中にはいるのではないか。

そう感じるようになりました。

刑務所に行くのは、「哀しい、みじめなのが3割」と書いてましたが、そういう人には同情してしまいますね。

生まれた場所がたまたま運が悪かった人も中にはいるわけですし、そういう人を思うと、なんだか悲しくなってきちゃいました。