社内探偵3巻

漫画の刃漫画の刃

社内探偵3巻では、久我ありさ以外の社内探偵をしてる意外な女性が明らかになりました。

また、企画部に移動してきたパワハラ林と、キラキラ女子の飯田のやり取りも面白く笑えるシーンも多いです

漫画、社内探偵3巻のネタバレ

社内探偵3巻では、前回の久我ありさが人事異動でパワハラ林を企画部に移動してからの話になります。

今回は、そんな

  • パワハラ林と、
  • キラキラ女子の飯田

のやり取りがメインになってる話です。

読んでいて、とにかく笑えるシーンが多く「ぷっ」って吹いちゃいます

 

あと、両者とも、かなりの天然キャラです。

キラキラ女子飯田は天然キャラってわかるんですが、パワハラ林も負けないぐらい天然。

天然っていうか、空気が読めいないタイプ。

 

真面目なんだけど、相手の気持ちが理解できないので、「ぐさっ」と刺さる言葉を放ち相手を傷つけてしまいます。

だから、キラキラ女子の飯田とランチをするシーンで、女子が絶対に言われたくない言葉を言ってしまう。

 

そして遂に、飯田も「パワハラ」だと企画部の人たちに訴える羽目に。

この時、飯田はメールでパワハラの内容を書いているんですが、そのメールを見たときの林の反応も笑えます。

ぜひ、ここはチェックして見てください!

「そう来るか!」って思います。

企画部に社内探偵がいた!

社内探偵3巻で、もう一つ驚いのが久我ありさ以外の社内探偵がいたことです。

それも今、問題が起きてる企画部の中に。

「誰が」っていうのは、あえてネタバレしませんが、「え、この人も社内探偵だったの?」って驚くと思います。

 

そして、その社内探偵も久我ありさと、ちゃんと繋がっていて、お互いに情報の取り合いをしてる感じがあります。

持ちつ持たれつの関係って感じ。

社内探偵3巻の感想は?

社内探偵3巻は、とにかく笑えます!

特に、パワハラ林が自然とキラキラ女子の飯田をいじるシーンが面白い。

 

別に悪気があって言ってるわけじゃなく、正直に言ってるから逆に相手は傷つく言葉が笑えます。

飯田のことを

  • バカのこ
  • 幼稚
  • 乾燥肌

とか、もう絶対に言ってはいけないようなトゲのある言葉を連発します。

 

ただ途中で、この林のSプリが、逆に飯田のオトメ心に火をつけるシーンもあります。

Mなんでしょうね、飯田は。

そのときのシーンも、なんか面白いです。