娘の友達3巻

漫画の刃漫画の刃

娘の友達3巻は読んでて、ハラハラドキドキしちゃうシーンが多いです。なんか昔、周りに隠れて付き合っていた彼女の恋愛を思い出しちゃうようなストーリーです。

娘の友達3巻ネタバレ:波乱の展開

娘の友達3巻では、色々と波乱の展開が待っています。

まず読んでて、浮気してたら不倫してる女性って、こういう事するんだろうな〜って思います。

今回、娘の友達、如月古都がなんか暴走するようなシーンが多いです。

やたら絡んできて、相手が少し困ってるのをみて喜んでる…??

 

例えば、

  • 通勤途中に写メをたくさん送ってきたり
  • 娘がいるのに自宅に来たり
  • バイト先に行っら思わせぶりな事をしたり

とにかく、ハラハラドキドキする事を娘の父に仕掛けて来ます。

 

特に、自宅に来た時のシーンは読んでるこっちが、「変なことするなよ〜」って思いながら読んでました。

案の定、やっぱりアレをするんですけどね。

その時の市川が突然キレるんですが、なんでそうなかったはご自身で確かめてください。

あなたも同じ状況なら、そうするか不真面目な人ならアレをしちゃうでしょうね。

 

ちなみに、この娘の友達、如月古都って不倫してる女性と同じような行為をしてそうな気がしてならないのは自分だけでしょうか。

私は不倫したことがないのでわかりませんが、不倫漫画とかを読んでると、不倫してる女性の特徴にそっくり。

 

今回、娘の友達と娘の父親の関係で、母はすでに他界してる状態。

なので不倫とは言えないかもしれませんが、さすがに娘の友達はね〜

だから、なんか父親の市川晃介も娘に対して後ろめたさを感じてる状態が3巻でも続きます。

娘の涙は心に刺さる

そして娘自身も父親の不可解な行動に対して半端なく怪しんでるくる状態に。

 

この時、娘はなんか浮気されてる女性のような感じ。

別に父親なんだけど、やっぱり嫌なんでしょうね。

本当の母親以外の人と付き合うのは。

ましてや、それが自分の友達だったら・・・

 

途中、娘が涙するシーンもあるんですが、アレを見ると娘を悲しませるのは絶対にやってはいけないな〜って世のお父さんであれば絶対、そう思うはず。

特に、娘が小さい頃にパパっ子だったら余計に思うと思いますよ。

 

漫画の刃さんの私も実は娘がいますが、娘が涙するシーンをみたら色々と考えちゃいますね。

最後は、本当にもっと大変なことになり3巻の最後は波乱の展開が待ち受けています。

読んでたら「う〜わ〜キツ」ってなるような展開です。

モテるおじさんの特徴

あと、今回の娘の友達3巻では、もう一人新たな女性が登場します。

少しネバタレしちゃいますが、この人は父、市川が働いてる会社の新人OL、本間という女性です。

 

そして、父は優しく色々と指導してあげることで、この本間という女性も徐々に惹かれていきます。

これを読んでると、モテるおじさんの特徴がわかります。

なんていうか、

  • 優しくて
  • 後輩思いで
  • 真面目で
  • 紳士的
  • かつ大人

こういう要素を持ってるおじさんなら社会人1〜2年目ぐらいの新人OLだったら右も左もわからない状態だから惹かれるんでしょうね。

 

よく社内不倫してるおじさんと若い子っていますよね。

「なんで、こんなおじさんに、こんな可愛い子が惹かれるの?」って疑問に思う方もいると思いますが、娘の友達3巻を読むと、その理由がわかります。

 

会社員で30〜40代以上の独身の方で、若い子と付き合いたい方は、この漫画を是非読んでみてください。

おじさんがモテる秘訣がわかりますから。

あとは「社畜と少女の1800日」という漫画があるんですが、その漫画の主人公のサラリーマンも同じような感じです。

年齢や顔は正直関係なく、若い子にモテる男性の特徴はこの2冊を読めばわかりますよ!

社畜と少女の1800日の漫画は、社畜と少女の1800日の9巻ネタバレと感想記事を参考にしてください。

モテないおじさん必見です!(≧∇≦)

娘の友達3巻の感想

娘の友達3巻は、娘の友達、如月古都と父の市川晃介があたかも不倫してるかのような感じが見受けられます。

正直、如月古都が

  • 高校生じゃなく20歳以上で
  • 娘の友達じゃなければ

別に問題はないお付き合いなんですけどね。

 

でも、よりによって高校生で、しかも娘の友達。

3巻では、「昔、小さい頃に映画館に一緒に連れて行ってもらったね」なんて言ってるシーンがあるんですが、それを読んだら「ゾッ」としますね。

私の娘は7歳ぐらいですが、この年齢の子と将来付き合うなんて絶対に考えられない。

むしろ恐怖ですよ。

 

市川は、まさに、そういう状態にいるわけですから、そりゃ後ろめたさを感じるはずですよ。

それにしても、この漫画は展開が波乱すぎて読んでると少し疲れますね。

それでも読んじゃうのが、この漫画の魅力なんでしょう。

「社畜と少女の1800日」もそうですが、最近売れる青年コミックの特徴がなんとなくわかります。

 

疲れてるサラリーマン

もし、これが世のサラリーマンに売れてるなら、これは社会人が疲れてるって証拠でしょう。

とにかく癒されないのかもしれませんね。

娘の友達の漫画は、そんな風にも感じさせる漫画です。