明日、明日私は誰かのカノジョ3巻

漫画の刃漫画の刃

「明日私は誰かのカノジョ」の3巻では、整形にハマる女子をテーマに若い女子同士の嫉妬や妬み、恨みを表してる内容で、ものすごいドロドロしてます。

整形にハマる女性の気持ちも理解できる内容ですが、正直、何か間違ってる感じもしました

明日私は誰かのカノジョ3巻のネタバレ

「明日私は誰かのカノジョ」3巻は、

  • 整形女子の素顔
  • 女性の妬み・恨み
  • 女性にとって本当の幸せ

について知り得る内容になっています。

 

今回は、レンタル彼女として主人公の雪(ゆき)と同じ職場で働く「あやな」という子の物語。

「明日私は誰かのカノジョ」3巻の表紙の子です。

 

ただ、このあやなって子、見た目は可愛いですが中身がひどくギャップのズレがハンパないです。

 

まず、レンタル彼女して指名が多い雪に対する嫉妬心はすごい。

雪の目の前では良い顔しているのに、心の中では

  • 憎しみ
  • 妬み
  • 恨み

が込み上げています。

整形にハマる女子の気持ちが理解できる

そして、このあやなは、実は整形にめちゃくちゃハマっています。

「明日私は誰かのカノジョ」3巻では、そんな整形にハマる女性達の気持ちが垣間見れます。

正直、男性からすると

 

「なんで、そんなに整形するのか?」

 

と理解できない部分が多いですが、女性目線で考えると多少なり理解ができます。

 

そう、「明日私は誰かのカノジョ」3巻では、この女性目線で整形する理由がわかります。

もう整形は、ある意味、麻薬と一緒です。

 

特にコンプレックスの塊の女性にとっては、一度、整形して少しでも直すと終わりがありません。

この鼻も。

この目も。

この顎も。

 

と、どんどん整形する箇所が増えていき最終的には、整形する部分が無くなるぐらいまで変化します。

 

今回、「明日私は誰かのカノジョ」3巻で登場するあやなは、もろ、そういう女性の一人です。

 

女性にとっての本当の幸せとは?

「明日私は誰かのカノジョ」3巻では、女性にとっての本当の幸せについても考えさせれる内容があります。

 

一般的には、好きな男性と結婚して幸せな家庭を築くこと。

 

これが女性にとっての幸せと言われていますが、果たしてそうなのか?

大半の女性はそう信じてるかもしれませんが、レンタル彼女とかパパ活をしてる女性たちにとっては、少し考え方が違うようです。

 

一体どう言うことなのか?

 

レンタル彼女とかパパ活をしてる女子は、色んな悩みを抱えています。

その悩みを解決するために、自らお金を稼ぎ、日々奮闘している。

 

そんな女性たちにとって、一般的な家庭を築く幸せは、本当の解決策にならないわけです。

これは、もう漫画を見てもらうのが1番です。

「明日私は誰かのカノジョ」3巻の感想は?

「明日私は誰かのカノジョ」は青年コミックですが、どちらかと言うと、

  • 女子
  • 10代~20代
  • パパ活や
  • レンタル彼女
  • 高校生や大学生
  • 新入社員

におすすめの漫画だと思います。

 

なんて言うか、現代の若い女性の「悩み」「辛さ」「不安」「葛藤」

これら全てが理解できる漫画なので、今、色々と壁にぶち当たってる女性は読むと面白いし、ある意味、勉強になると思います。

 

「漫画で勉強」

 

なんて言うと重いですが、結構考えさせられることが多いです。