ダチュラ3巻

漫画の刃漫画の刃

不倫漫画、ダチュラ3巻を読みました。久しぶりに読んでみましたが、不倫する女性、不倫する男性が出会った時の気持ちがうまく描かれてます。

ダチュラ3巻で村田と千沙子で出会う

不倫漫画「ダチュラ」3巻は「鼓動と高鳴り」というテーマ。

そのテーマ通り、この巻でついに

  • 友人の夫、村田と
  • 千沙子が

カフェで出会うシーンがあります。

 

その時の二人が、まさに鼓動が高鳴ってる状態。

今までになったか、ドキドキドキドキ

 

マンネリ化した夫婦間にはない鼓動の高鳴りが表現されてます。

 

変にお互いを意識し始めるシーンが、読んでるこちら側にも伝わってきます。

特に、お互いがメールを行なっていた人同士だと知った瞬間、二人の心に動揺が見られます。

 

ドクン、

ドクン、

 

ドクン、

ドクン

 

と心の動揺と鼓動の高鳴りが徐々に高まっていく感じ。

なんて言うか、付き合い始めのカップル同士みたいな感じですかね。

 

ダチュラの漫画を見てる側でも理解できます。

ここはダチュラ3巻の1番の見どころでしょう。

不倫してる人が求めてるモノ、それこそがダチュラ3巻で表現されてます。

 

結局、結婚してから感じられなくなったトキメキを求めてるんでしょうね。

不倫する人たちは。

 

疑いが生まれる両者のパートナー

そんな中、お互いのパートナーが疑いを持ち始めます。

  1. 村田の妻
  2. 千沙子の夫

それぞれ鋭い目をして、探偵のようにお互いに探りを入れ始めてきます。

 

やっぱり分かるんでしょうね。

主婦の感とかじゃなく、普通に不倫されてる側の感ってヤツ。

 

なんとなく、いつもと様子が違うところを感じ取れるので。

だから、やっぱり不倫してる人ってバレますね。

 

ダチュラの漫画の中でも表現されてますが、明らかに行動がおかしい。

 

そこを浮気されてる側が微妙に感じ取れるわけです。

 

ダチュラ漫画3巻の感想

本日、この記事を書いている時も

  • 茅原実里さんと

  • 室屋光一郎さん

の不倫騒動が報じられていましたが、本当に不倫する人って多いですね。

 

不倫したことがない人にとっては、お互い体目的なのかと思っていましたが、ダチュラの漫画3巻を読むと、そうでもないようです。

 

不倫する人は、やっぱり

  • トキメキとか
  • ドキドキ感

それを求める気がしました。

特に、結婚して時間が経った女性はそうでしょうね。

 

ダチュラは、不倫してる人が読んだら、共感できる部分も多いんでしょう。

逆に、浮気されてる側が読んだら「イラっ」とする場面も多いと思います。

実際、どんな人がダチュラの漫画を読んでるのかも気になります。