ダチュラ1巻

漫画の刃漫画の刃

最近、何気に人気の不倫漫画。芸能人の不倫ニュースが毎月のように流れてきますが、一般人でも不倫する人は多いです。今日は、そんな不倫する人たちの出会い、流れ、その後の人生が描かれてるダチュラ「不倫は蜜と毒」という漫画が気になって読んでみました。

ダチュラ1巻で不倫女性の特徴がわかる

ダチュラにしろ、どの不倫漫画を見ても、女性の中には刺激を求めてる女性が多いって感じがしました。

 

特に、不倫する女性ほど、普通の幸せに満足できない。

逆に、ちょっとスリリングで、アバンチュールな恋が好き。

 

ダチュラ1巻を読んで、それが凄い分かります。

中には、共感できる人もいると思います。

そんな、あなたは不倫女性ですよ!笑

 

ダチュラ1巻のネタバレ:冒頭に結末が!

さて、ダチュラ1巻の冒頭は、女子高生?のような女性が突然登場します。

しかも、その子が、遺体が入ったような袋を埋めてるところが始まります。

 

怖っ

これをみる限り、最悪な結末になるのは間違いない。

なんか、以前リアルに起きた不倫女性の事件を思い出しちゃいました。

 

それぐらい不倫は「蜜の味だけど、毒でもある」って事。

このダチュラの漫画は、そんなことが分かる内容になってます。

 

ダチュラ1巻では主人公の千沙子と、その夫との毎日の夫婦の営みから始まります。

ただ、漫画を読んでると、この千沙子って女性に違和感を感じます。

 

なんて言えばいいんだろう。

普通の女性が、「結婚+子供+家庭」を幸せと感じる人とは違い、何か違う幸せを求めてる感じが…

 

 

だって、夫と子作りを頑張ってるのに、夫に内緒でピルを飲んでるんですよ。

しかも、別に、まだ浮気する前の時点で。

 

要は、子供は欲しく無い、普通の家庭を求めてない。

そもそも、旦那のことを本当に愛してるの?

なんで結婚したの?

 

ダチュラ1巻を読むと違和感を感じる

ダチュラ1巻から、漫画を読んでると「違和感」を感じることが多いと思います。

特に、普通の幸せを求めてる女性たちは。

 

そんな最中、フラダンスクラブで知り合った女性が、旦那の浮気について相談されます。

あるあるですね。

不倫漫画

そして、千沙子に、その旦那にハニートラップをしてもらえないか尋ねます。

 

そこから、本当の千沙子が現れてくる感じ。

「あ〜不倫する女性って、こういう人なんだ」って分かると思います。

 

男性像

世間一般で求められれてるような男性像、真面目で、妻一筋。

そんな男性を、不倫するような女性は求めてないんですね。

まさに、それが千沙子の旦那なんです。

 

でも千沙子は、もっと、プレイボーイで、家庭を顧みず、家にも殆ど帰ってこない。

そんな男性の方を好むんだと思いました。

 

要は、それが不倫する女性の特徴なんです。

 

 

それもあってか、フラダンスの仲間に頼まれたハニートラップが、いつしか、本当の恋心に変わる。

 

いや恋というか、冒険身を浴びた疑似恋愛

そんな火遊びをしたくてしょうがないんです。

 

ダチュラ1巻は、そんな冒険の始まり。

そして最悪の結末も分かる、そんな内容になっています。