漫画ASKの2巻:まんが王国

漫画の刃漫画の刃

芸能界の裏・闇を描いているASK。そんなアスクの2巻を読み終えたんですが、思ってたよりも面白いです。

これが一部でも事実だとしたら、本当怖い世界です。

素人が簡単に足を踏み入れる世界じゃないと思いました。

枕営業など芸能界の闇が明らかに!

ASK:アスク2巻では、アスク1巻で枕営業を求めてきた映画監督の逆襲から話が始まります。

さすがに、今の時代、こんな事はいないと思いますが正直わかりません。

だってお隣の国、韓国では実際に売れっ子女優が性接待を強制され自らの命を立つ女優もいるぐらいですから。

 

正直、自分たちが知ってる女優さん達が、そうやって今の地位に上り詰めた事実があったら、それはショックです。

ASK:アスク2巻では、そんな状況下に置かれた主人公の堀口優奈が最悪の映画監督から逆襲を受けますが、そこに助け舟が!

国家がバックについた芸能事務所

映画監督の逆襲にあいピンチとなった堀口優奈に助け舟として名乗り出たのが、優奈が所属している芸能事務所のライバル事務所。

しかも、この芸能事務所はバックに

  1. ヤクザやもちろん
  2. 国家権力(大物政治家)

まで味方につけているからビックリ。

この話もどこまで真実かは分かりませんが、正直、芸能事務所って一般人からすると不透明な部分が多いです。

仮に、ASK(アスク)が独自の取材から作り話で描いていたとしても、一部真実をベースに漫画出来上がっていたら怖い世界です。

 

芸能人同士の足の引っ張り合いなんてたいした事ないレベルです。

ASK2巻の中で描かれてる芸能事務所同士の戦いは、まるでヤクザ同士の戦争です!

今の山口組の抗争と似てるかもしれません。

 

それだけ

  • 裏社会の人間
  • 政治家
  • 右翼
  • フィックサー

など。

裏で日本社会を牛耳る人たちが実は芸能界にも入り込んでることがわかります。

 

アスクの漫画を読んでると、

怖ぇ〜

って思いますよ。

 

でも一方で、この漫画を読んでるとありない話でもないかもしれないと思います。

じゃなきゃ、あんなに芸能人を従わせる事なんてできないですしね。

芸能人の写真が流出する理由

ASK:アスクの漫画2巻では、相手の芸能事務所を叩きのめすためにお互い色んな手を使ってくるですが、その1つに売れっ子芸能人の写真流出です。

ちょうど、このネタバレ記事を書いてる時が手越裕也さんがジャニーズを退所した時なんですが、手越さんが自粛期間中に女性と遊んでいた写真が出回ったのきっかけでした。

 

こういう芸能人が女性遊びをして芸能界から抹殺される事は多いですが、あのような写真って、どこから流れてくるのか?

一部は、週刊誌のカメラマンが撮影したからだと思いますが、全てがそうじゃないかも。

そう感じさせたのが、この漫画ASK:アスク2巻の内容です。

 

要は、裏で芸能事務所が動いている可能性があると。ASKの漫画では

  • 相手の事務所を陥れるために、
  • 相手の事務所社長を懲らしめるため

その為に所属している売れっ子タレントにハニートラップをかけて隠しカメラ等で写真を撮らせてネットに流出する場面があります。

実際に、そんな事が起きてるとは思いませんが、流出する前に写真を買い取って揉み消すために示談金を払うのはありそうです。

ASK:アスク2巻の感想

この漫画、面白いです。

売れていたので、とりあえず読んでみたんですが、売れてる理由がわかりました。

こういうエンタメ世界の

  • 裏社会との繋がりや、
  • 芸能界の闇を

間接的に暴露している漫画は初めて読みましたが、何気に面白い。

この漫画を読んでると「いや、ないない」って場面も多いですが、売れなくなった芸能人やグラビアアイドルの使い道とかはリアルな感じがします。

 

それと同時に、よく芸能人が逮捕された後に、違約金として支払う額がテレビに出ますが、その金額の凄さや、責任の重さがASK:アスクの漫画を読んでいて理解できました。

だって普通に考えたら払えないですよ。

そう考えたら、やっぱり裏の力が働いてる可能性もあるかも…って思いました。

 

それと同時に、芸能事務所のお金の稼ぎ方も色々ある事がわかります。決して芸能人だけで稼いでるわけじゃなく、中には、

  • 映画の興行収入の配当や
  • 口利き料で稼ぐ

特殊な芸能事務所がもあるんですね。

漫画に描かれていたことなので、本当かは分かりませんが、実際にそういう収益を柱に稼いでる芸能事務所も存在するんでしょうね。

そういう事もわかる内容なので、この漫画、ASK(アスク)は面白いです。

結構おすすめ度が高いです!