鬼門街4巻の表紙

漫画の刃漫画の刃

鬼門街4巻から何だか強力なラスボス的なキャラが登場します。

それが、謎の男。鬼門街4巻の表紙になってる男性です。

これまで3巻までは、ちょっと序章のような内容でしたが、4巻以降から本格的にストーリーが進む感じがします。

漫画名 鬼門街4巻
漫画家 永田晃一
星で評価 4.0
無料で試し読み こちらから無料で試し読みできます

無料で試し読み

鬼門街4巻の謎の男が犯人?

鬼門街3巻の最後に登場した謎の男。

鬼門街4巻では、そんな謎の男と、その男に憑依した鬼が登場します。

 

異様な雰囲気
「めちゃくちゃ強そう」

というよりも本性を出さずに、化けた時に
強大な力を発揮する感じがあります。

 

なんとなくですが、この人がマサトの母親を殺めた犯人かも・・・
そう感じさせるような人間が登場します。

 

もしかすると、この謎の男と憑依した鬼は、主人公の川島マサトと豪鬼のコンビと同じぐらい強いかも・・・

そんな風にも感じされるぐらい。

 

正直、マサトと豪鬼の本気の力もまだまだ分からないですが、謎の男も負けてない気がします。

 

そして今回、この謎の男が聴鬼が取り付いた元・ヤクザのワタルを探すため、

  • チンピラ二人組を使い
  • 広瀬智也を拉致ってボコボコに

なんとか情報を聞き出そうとしますが・・・

 

この時に、情報を聞き出そうと、広瀬智也を拷問にかけるんですが、かなり残虐です。

広瀬智也には、
あんな格好させるなんて

あの番長の智也が、男としては

屈辱すぎる無様な状態

になります。

広瀬智也は凄い存在になる!?

ちなみに、高校の番長の広瀬智也なんですが、まだ鬼が憑依してないのに、鬼がついてる人を感じるとる野生の感がすごいです。

 

「さすが番長

 

格闘技でも「向き合った瞬間に相手の強さが分かる」なんていう人もいますが、強い人が感じる野生の感

まさに、そんな感覚なんでしょう。

 

だから、実際に広瀬智也に鬼が憑依したら、相当すごい感じになる気がします。

もしかすると、後々、マサトに憑依した豪鬼もよりも強い。

そんな鬼が智也にも憑依して、やばい存在になる可能性もあると思いました。

育児放棄がやばい!

あと、鬼門街4巻では途中、2匹の雑魚鬼キャラも登場します。

なんか鬼のチンピラみたいな感じ。

一瞬で、豪鬼に葬られます。笑

 

この時のストーリーは、現代の育児放棄を行う親の問題がベース。

なんだか、子を持つ親としては、読んでいて
辛くなります。

だからと言って、周りの人が助けれない。

その理由がなんだか分かった気しました。

鬼門街4巻の感想:謎の男が犯人?

最後に、鬼門街4巻を読んだ感想ですが、冒頭でもお伝えしたように、4巻から鬼門街の本格的なシリーズが始まる。

そんな気がしました。

 

この鬼門街の大きなコンセプトとしては、
マサトの母親を殺害した犯人を見つける。

そして、その犯人が最終的なラスボスなんでしょうね。

 

そして今回、鬼門街4巻で登場した謎の男。

これが、もしかすると、マサトの母親を殺害した犯人なのか?

そんな風にも思わせる感じ。強そう。

 

さすがに、4巻で犯人が明らかになるとは到底思えいないし、謎の男だけじゃなく今後、さらに凄い敵が現れるでしょう。

いや〜毎回、続きが気になる、気になる。

漫画名 鬼門街4巻
漫画家 永田晃一
星で評価 4.0
無料で試し読み こちらから無料で試し読みできます

無料で試し読み