社畜と少女の1800日3巻の表紙画像:まんが王国

漫画の刃漫画の刃

社畜と少女の1800日3巻を読み終えました。今回も一気に読み終えましたが、予想通りの展開ではありました。

担任の先生と恋に落ちる社畜おじさんこと、東根は徐々にピンチに!!

3巻で担任の先生が恋人に!?

社畜と少女の1800日3巻では、少女の優里の担任の先生と、社畜の東根が肉体関係を持つところから始まります。

そこから急展開で、東根と担任の先生(高井沙耶)は恋人同士に。

ただ、これが波乱万丈の始まり

新たなる火種を引き起こす結果となります。

それもそのはず、優里ちゃんと東根の関係は親戚という関係になってるから。担任の先生は、それを知らない状態で付き合ってます。想像しただけで怖いですよね。

東根がピンチに陥る

そのため、恋人となつた担任の高井沙耶は、東根に自宅に行って良いかを尋ねても毎回断られる始末。

だけど、それも時間の問題。

最終的には、道端で偶然見かけた東根を恋人の先生、高井沙耶が尾行。そして遂に、東根の自宅に優里ちゃんが住んでることを発見!

少女が自宅に住んでる事がバレるんですが、3巻はここで終了します。

 

今後4巻で、どうなるのか?は、なんとなく想像はできますが、嘘はいつかバレるって事は言えるでしょう。

女上司との関係も目が離せない!

社畜の東根おじさんは、結構モテる。

今の所、彼の周りには少女を合わせて3人。少女はともかく、2人からは好意を持たれてる感じです。

 

しかも、女上司とは1巻から肉体関係を持つシーンがあるぐらい。会社でHをするぐらいの関係だったわけですから。

そりゃ女上司も東根に恋人が出来たら・・・気になる気になる。

しかも、この女上司が途中、旦那の離婚。最終的には、この女上司と担任の先生、さらに優里はライバル関係になるんでしょうね。

少女の母に会える!?

さらに3巻では、途中、少女の母親も参加するかもしれない高校の同窓会に参加します。

そこで、東根は少女を連れて地元に帰り参加することに。

参加はしたものの、少女の母親は先に帰宅。一歩遅かったが、少し前までいたことを知って追いかけること。

その後、母親の君島の姿を確認するが・・・

社畜と少女の1800日3巻の感想

社畜と少女の1800日3巻ネタバレ3巻は、これまでの1巻・2巻と違い波乱の幕開け。そんな感じ内容が多いです。

 

まず、担任の先生との恋愛に始まり。

女上司の離婚からの慰め。

さらに、少女と社畜おじさんの関係が明るみになり色々と問題が起こる3秒前って感じ。

 

少女の母親も少しだけ登場します。顔までは見えないですが、スタイルも良く美人ぽい。

板場広志さんは、綺麗な女性を描くのが、うまいうまい

この少女の母親も後々、東根と何らかの関係を持つんでしょうね。とにかく、今後の大きな波乱が起きる前の段階って感じでした。